dimanche 23 mars 2014

Olivier Bekaert, Con su permiso



Le Centre flamand d’Osaka (フランダースセンター) accueille du 25 au 30 mars une exposition de photographies noir et blanc d’Olivier Bekaert, jeune photographe belge, qui sera à Osaka le 29 mars.

Voici ce qu’on peut lire sur le site internet du Centre :

オリヴィエ・べーカールト「CON SU PERMISO」写真展

当センターにて写真展「AVE」および「「Body inc.」を開催した写真家ロブ・ワルバースが、今回はキュレーターとしてフランダースの若手写真家による写真展をプロデュースしました。

サラ・エーヒャウトに続く第二弾として、ゲント出身の写真家オリヴィエ・べーカールトの白黒作品シリーズ「CON SU PERMISO」写真展を、当センターにて開催します。

オリヴィェが南米のレストランやバー、ビストロなどを訪れると、決まってよく耳にすることばある。 テーブルを片づける際に客にたずねる「Con su permiso」。日本語なら、さしずめ「失礼します」といった表現に相当するだろう。この言葉の響きは、作品のアグレッシブな被写体にふさわしいと感 じ、本シリーズのタイトルにすることにした。

オリヴィエ・べーカールト (Olivier Bekaert)

1973
年ゲント生まれ。自動車整備工をめざして学ぶも、その職にはつかず、しばらくはフランス語を学びながらパリで働いて過ごす。2000年から6 間、ゲントにあるシント・ルーカス・アカデミーの夜学にて写真を学び、30歳にして写真家になることを決意する。その後、アメリカ、ロシア、東南アジア諸 国を旅して創作活動を行う。2011年、路上生活の様子を撮りたいという思いに駆られて南米へと向かう。2012年、初の個展をベルギー国内にて開催。

会期:2014325() ~ 330()
~ 10:0017:00 土・日 12:0018:00
場所 Flanders Center
共催 公益財団法人大阪国際交流センター

3
29()は終日、オリヴィエが当センターに滞在します

Xavier Bekaert participe au projet photographique Belgitudes

Aucun commentaire:

Publier un commentaire