vendredi 14 mars 2014

Les Désastres de la guerre de Goya à Itami



Du 15 au 30 mars, on pourra voir au Musée des Beaux-Arts d’Itami (伊丹市立美術) la série complète des Désastres de la guerre de Goya, oeuvres en partie inspirées par la guerre entre la France et l’Espagne et ses suites politiques et dynastiques.

Voici ce qu’on peut lire sur le site internet du Musée :

戦争の惨禍 ゴヤによる80点の銅版画集
会  期
2014315日(土)ー330日(日)
  
月曜日
  
一般200(160)円/大高生100(80)円/中小生50(40)円(予定)
)内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて入場無料
41町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)


 
スペインの巨匠フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828年)による4大連作版画集の一つであり、1808年から約6年間つづいた対仏独立戦争の凄絶な記録である銅版画集《戦争の惨禍》より、貴重な初版全80点を一堂に紹介します。


Aucun commentaire:

Publier un commentaire