mardi 5 décembre 2017

Bande dessinée québécoise à Kyoto

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Musée international du Manga de Kyoto:
 

〈ケベック・バンド・デシネ〉を知っていますか? ――25の足跡と7人の作家から


2017年12月9日(土) 〜 2018年2月13日(火)  
カナダ・ケベック州で作られてきたフランス語圏のマンガ[=バンド・デシネ]を紹介する展覧会を開催します。
近年日本でも人気のあるバンド・デシネですがケベック州発の〈ケベック・バンド・デシネ〉は、ほとんど知られていません。本展は、その歴史と、現在活躍中の同州出身作家7人の作品(複製原画)を紹介することで、〈ケベック・バンド・デシネ〉の拡がりを知っていただく展覧会となっています。
なお、本展は、昨年京都府とカナダ・ケベック州が友好提携協定を締結したことを受け、両府州の友好交流事業として企画された展覧会です。

内容
カナダ・ケベック州発のコミックス〈ケベック・バンド・デシネ〉を知っていますか?
近年、日本でも翻訳される点数が増えている海外マンガですが、中でも、フランスやベルギー、スイスなどフランス語圏で作られているコミックス=バンド・デシネは、その独特の魅力で、世界中の多くのファンを魅了しています。
しかしながら、フランス語圏でありながら、北米のアメリカン・コミックスの影響も受けることで、独自の多様性を持ったカナダ・ケベック州のバンド・デシネ――〈ケベック・バンド・デシネ〉については、日本ではあまり知られていません。
本展は、2016年にベルギーのバンド・デシネ・フェスティバルのために作成され、キューバ、そしてケベックを巡回した展示をベースに、日本で初めて本格的に〈ケベック・バンド・デシネ〉を紹介する展覧会です。
展示は、
(1)〈ケベック・バンド・デシネ〉の発展を25の足跡からその歴史を解説するパートと、
(2)同州出身作家7人の作品(各5点、複製原画)を紹介し、現在の〈ケベック・バンド・デシネ〉の拡がりを紹介するパートの2部構成となっています。
    <7人の作家>(アルファベット順)
  • キャブ(Cab)
  • エスベ(Esbé)
  • ミシェル・ファラルド(Michel Falardeau)
  • パスカル・ジラール(Pascal Girard)
  • フィリップ・ジラール(Philippe Girard)
  • レアル・ゴドゥブ(Real Godbout)
  • ズヴィアンヌ(Zviane)



© Cab / Front Froid
©Esbé / BerBer 13-13
©Michel Falardeau /
Studio Lounak
© Pascal Girard/
Drawn and Quarterly
©Philippe Girard /
Mécanique générale
© Real Godbout /
La Pastèque
© Zviane / POW POW



関連展示・イベント

Aucun commentaire:

Publier un commentaire