jeudi 5 octobre 2017

「パーニュの文化誌:現代西アフリカ女性の衣服の成立と普及」

Merci http://www.africa.kyoto-u.ac.jp/as/index.html


「パーニュの文化誌:現代西アフリカ女性の衣服の成立と普及」
講師:遠藤聡子(内閣府大臣官房企画調整課野口英世アフリカ賞担当室・主査)
西アフリカのギニア湾岸諸国を中心に、プリント更紗「パーニュ」を用いた衣服が広く普及している。工業生産されたパーニュが洋服にも似た形に仕立てられる。歴史は浅いがこの地域の代表的な衣服である。本発表では、パーニュを用いた女性用の衣服に着目し、ブルキナファソでのフィールドワークの結果をもとに、西欧化やグローバル化が進む中で、地域特有の衣服が成立し普及する背景を考える。

◆この講演は、日本アフリカ学会関西支部との共催です。

日時:2017年10月19日(木)15:00 ~ 17:00
場所:京都大学稲盛財団記念館3階中会議室 [MAP]

※稲盛財団記念館併設の駐車場では、平素から一般の方の駐車スペースは設けておりませんので、公共交通機関を利用してご来場ください。

◆事前申込不要/参加無料。
どなたでもご参加いただけます。

お問い合わせ先:京都大学アフリカ地域研究資料センター
TEL:075-753-7803
E-mail:caasas@jambo.africa.kyoto-u.ac.jp
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire