vendredi 4 décembre 2015

「漁民のサンゴ礁保全 ―NGOとの知識交換にみるコミュニケーションとディスコミュニケーション―」

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Centre d'études africaines de l'Université de Kyoto:

次回は第 2 1 5 回です。

「漁民のサンゴ礁保全 ―NGOとの知識交換にみるコミュニケーションとディスコミュニケーション―」

講師:飯田 卓(国立民族学博物館・准教授)


要旨:21世紀に入ってから、ユニークな生態系を抱えるマダガスカルは、外交と経済発展の手段として自然保護を打ちだすようになった。南西部の漁村でも、 イギリスを本拠とするサンゴ礁保全団体がプロジェクトを進め、「ローカル型管理による海洋保護区(LMMA)」を実現している。ローカルの漁民がプロジェ クトをいかに理解し誤解するかをみることで、開発や文化変容を論ずる手がかりとする。

この講演は、日本アフリカ学会関西支部との共催です。


日時:2015年12月17日(木)15:00 ~ 17:00
場所:京都大学稲盛財団記念館3階中会議室 [MAP]

※ 稲盛財団記念館併設の駐車場では、平素から一般の方の駐車スペースは設けておりませんので、公共交通機関を利用してご来場ください。

◆事前申込不要/参加無料。
どなたでもご参加いただけます。

お問い合わせ先:京都大学アフリカ地域研究資料センター
TEL:075-753-7393
E-mail:caasas@jambo.africa.kyoto-u.ac.jp

Aucun commentaire:

Publier un commentaire