vendredi 19 mai 2017

Le français de Belgique

Je recopie, en ajoutant un lien, une information parue sur la liste électronique de la SJDF:
講演会「ベルギーのフランス語Le français de Belgique」を以下の要領で行います。(情報転送歓迎)
日時:2017年7月6日(木)18時から19時30分
講演者 Laurence Wery (リエージュ大学 Institut Supérieur des Langues Vivantes)
場所:大阪府立大学サテライトI-siteなんば2階A1A2会場
https://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/about/map/
大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科主催
参加費無料。事前申し込み不要。来聴歓迎。講演要旨・会場への地図は添付書類をご覧下さい。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
講演の後で懇親会を行います。会場は講演会場から徒歩1分のオルケスタ(http://orquesta.jp/index.html)で,参加費は5500円(飲み物代込み)です。19時40分開始で2時間。懇親会参加希望者は6月25日(日)までに高垣由美宛(
http://takagakiyumi.jp)てにメールでお申し込みください。(講演会だけご参加の場合は申し込み不要。)
ご質問がありましたら,遠慮無く高垣由美にご連絡くださいませ。
なお,Wery氏の来日は ,ベルギー外務省の後援をうけたものです。

jeudi 18 mai 2017

Art et fantastique en Belgique

Site officiel: http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1705/index.html

Exposition au Musée préfectoral de Hyogo du 20 mai au 9 juillet
https://web.pref.hyogo.lg.jp/bi01/images/belgium.jpg

現在のベルギー・フランドル地方とその周辺地域で中世末期から発達してきた幻想絵画のカテゴリー。ヒエロニムス・ボスが描く悪魔や怪物のような異形のものたちは写実的で、「本物」と感じさせる迫真性に満ちていました。こうした独特な表現の伝統は時代が進むうちにカプリッチョ(奇想画)、象徴主義、シュルレアリスムと形を変え、今日のアーティストたちにも脈々と受け継がれています。
 本展では、ベルギーでつくり出された奇想の表現の流れを、15、16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートにいたるまで国内外のコレクションによって紹介します。ヒエロニムス・ボスやブリューゲルにはじまり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、そして現代のヤン・ファーブルや若手の作家など、およそ500年にわたる「奇想」の系譜をたどります。

 Notez la projection d'un film sur Brueghel le 10 juin:

KEN-Vi名画サロン特別上映

レフ・マイェフスキ監督「ブリューゲルの動く絵」
(2011年/ポーランド・スウェーデン/96分)
日時:6月10日(土) 午前10時30分~/午後1時~/午後3時~(入替制・各回250名)
会場:ミュージアムホール
料金:大人(一般・シニア)1,000円、芸術の館友の会会員500円
主催:兵庫県立美術館アートフュージョン実行委員会、兵庫県映画センター
※詳細は主催(tel.078-331-6100)までお問い合わせください。

Ainsi qu'un concert de Sioen le 27 mai

mardi 9 mai 2017

Cartier-Bresson à Kyoto


Au Musée d'art contemporain de Kyoto:
http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html






jeudi 27 avril 2017

Van Cleef & Arpels à Kyoto

Mastery of an Art: Van Cleef & Arpels | High Jewelry and Japanese Crafts
Site officiel: http://highjewelry.exhn.jp/


Au Musée d'Art Moderne de Kyoto (MOMAK), du 29 avril au 6 août:
 ヴァン クリーフ&アーペルは、ハイジュエリーとして世界で高く評価されています。本展では、日本とフランスの「技」に注目をし、「技を極める」あるいは極められた技によって生み出された美しい作品を両国の文化とともに鑑賞していただく展覧会です。
 最初は、ヴァン クリーフ&アーペル創立から現代に至るまでの歴史的展開の中でのジュエリー作品の流れを概観し、次に、日本の明治に制作された超絶技巧作品との対比の中でハイジュエリーの技を鑑賞していただきます。最後は、文化の融合と未来ということで、日本とフランスの現代における技の饗宴をごらんいただけます。

会期

2017年4月29日(土・祝)~8月6日(日)

開館時間

午前9時30分~午後5時
4月29日(土)~6月30日(金)の金曜日、土曜日は午後8時まで開館
7月1日(土)~8月5日(土)の金曜日、土曜日は午後9時まで開館
*入館は各閉館時間の30分前まで

休館日

毎週月曜日、6月13日(火)、7月18日(火)
※ただし7月17日(月・祝)は開館

主催

京都国立近代美術館
日本経済新聞社
京都新聞

後援

在日フランス大使館
アンスティチュ・フランセ日本

mardi 25 avril 2017

amour, amours ...





Merci http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1706.html

アニエスベー フォトコレクション
amour,amours...dans ma collection de photographies agnès b.
2017.4.26 WED ~5.14 SUN

展覧会概要

1975年にファッションブランドを設立以来、世界中の人々を魅了してやまない世界的デザイナー、アニエスベー。
ファッションに限らず、アートや映画、音楽との関わりも深く、有名無名に関わらず、多くのアーティストと様々なプロジェクトを世に生み出しています。また、非営利財団および基金「アニエスベーとして知られるアニエス・トゥルブレ」やパリの「ギャラリーデュ ジュール」では、数々の若手アーティストから著名アーティストの作品を発表、また名だたる現代アートの作品を多数所有しています。
本展は、京都市内で毎年開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」とのゴールデンウィーク特別共同企画として、美術館「えき」KYOTOにてスペシャルエキジビションが実現。今年のKYOTOGRAPHIEのテーマ「LOVE」にちなみ、彼女のアートコレクションの中から、自身がセレクトした写真作品約70点を展覧します。会場構成も自らが行うなど、アニエスベーの思いが込められた貴重な展覧会をぜひご覧ください。

アニエスベー

フランス・ヴェルサイユ生まれ
ファッションデザイナー。美術館学芸員をめざし、ヴェルサイユ美術学校に通うほどアートに関心が強かった。1964年からファッション誌「ELLE」の編集部で働く。1975年にファッションブランドを立ち上げ、世界中に店舗を展開。チャリティー活動も精力的に行っており、非営利財団および基金「アニエスベーとして知られるアニエス・トゥルブレ」や「ギャラリー デュ ジュール」を設立。アニエスベーのアートコレクションの管理と一般公開を行うと同時に、芸術の文化のための公共施設を作ることを目的としたこの財団は、メセナ活動と文化・芸術活動、社会的人道的活動、エコロジーと環境保護における支援も行っている。

出展予定作品

アンリ・カルティエ=ブレッソン/オリヴィア・ビー/ジャック=アンリ・ラルティーグ/セイドゥ・ケイタ/デニス・ホッパー/ナン・ゴールディン/マーティン・パー/マリック・シディベ/ライアン・マッギンレー 他
開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)

dimanche 23 avril 2017

Gabriel Bergounioux à Osaka

Je recopie un message paru sur la liste électronique de la SJDF:

Chers collègues,

Vous êtes les bienvenus à la Journée d'études de la thématique "La linguistique de corpus aujourd'hui" qui aura lieu le samedi 27 mai de 13h à 17 h dans la Salle S1 du satellite "I-site Namba" de l'Université préfectorale d'Osaka.
https://www.osakafu-u.ac.jp/osakafu-content/uploads/sites/344/access_isite_eng-1.pdf

MARUYAMA Takehiko, MCF, Université Senshû & National Institute for Japanese Language and Linguistics, interviendra sur le sujet suivant : "Japanese Corpus Linguistics: Its Methodology and Possibility​"​ de 13h à 14 h15.

Gabriel Bergounioux, Professeur, Université d’Orléans, Directeur du Laboratoire Ligérien de Linguistique interviendra sur le sujet suivant : "Le passif : formes, valeurs, emplois. Une étude de cas à partir d’un entretien" de 14h30 à 16h15.

La participation aux travaux de la Journée est gratuite et libres d’accès (aucune inscription n'est requise).

Par ailleurs, afin de pouvoir assister au dîner qui se tiendra de 17h00 à 19h00 (5.500 yens, boissons comprises) dans le restaurant "Orquesta"(http://orquesta.jp/index.html), il convient d’envoyer un message à Yumi TAKAGAKI (takagaki @ lc.osakafu-u.ac.jp) au plus tard le mercredi 10 mai.
研究集会「コーパス言語学の現在—データから見る言語の実態」を以下の要領で行います。(情報転送歓迎)
日時:2017年5月27日(土)13時から17時
場所:大阪府立大学サテライトI-siteなんば(S1会場)
https://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/about/map/
大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科主催,日本フランス語学会後援

参加費無料。事前申し込み不要。来聴歓迎。詳細は添付書類をご覧下さい。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

第1部講演 13時00分〜14時15分
演題:Japanese Corpus Linguistics: Its Methodology and Possibility
丸山岳彦(専修大学・国立国語研究所)
講演者紹介サイト http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thb0925/

第2部講演 14時30分〜16時15分
演題:Le passif : formes, valeurs, emplois. Une etude de cas a partir d'un entretien
Gabriel Bergounioux (オルレアン大学・ロワール地域圏言語学研究所)
講演者紹介サイト http://www.lll.cnrs.fr/gabriel-bergounioux

講演要旨は,添付書類をご覧下さい。
第1部,第2部どちらか一方だけの参加も可能です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

講演の後で懇親会を行います。会場は講演会場から徒歩1分のオルケスタ(http://orquesta.jp/index.html)で,参加費は5500円(飲み物代込み)です。17時開始で2時間。早い目に終わりますので,遠方の方もぜひお気軽にご参加ください。懇親会参加希望者は5月10日(水)までに高垣由美宛てにメールでお申し込みください。(研究集会だけ参加の場合は申し込み不要。)
ご質問がありましたら,遠慮無くご連絡くださいませ。

jeudi 13 avril 2017

Antoine Volodine à Kobe

Je recopie l'information suivante depuis le site internet de l'Institut Français du Japon - Kansai:
 
(Jeudi  27 avril; 16 h 45)

Conférence d’Antoine Volodine « Écrire en français une littérature étrangère »

banniere
Volodine (c) Hermance Triay. Lauréat du prix Livre Inter en 2000 pour son roman Des anges mineurs et du Prix Médicis en 2014 pour Terminus radieux, Antoine Volodine inscrit ses romans au sein du genre post-exotique, souhaitant ainsi marquer une rupture littéraire et idéologique. Modération par Akihiro Kubo, professeur à l’université Kwansei Gakuin.
akihiro Entrée libre / Traduction consécutive
Université Kwansei Gakuin, campus Uegahara, salle 1
Partenaire : Université Kwansei Gakuin
kwansei
Tout le programme des journées de la francophonie ici.

アントワーヌ・ヴォロディーヌ講演会 「海外の文学をフランス語で書く」



小説『無力な天使たち』で2000 年度リーヴル・アンテール賞、『Terminus radieux』で2014 年度メディシス賞を獲得。アントワーヌ・ヴォロディーヌは自らの小説を《ポスト・エグゾティスム》というジャンルに組み入れ、従来の文学・イデオロギーとの断絶を表明しています。現在、ヴィラ九条山レジデントとして京都滞在中のヴォロディーヌの講演会。モデレーター、通訳は久保昭博(関西学院大学教授)。

逐次通訳付  |   入場無料
会場:関西学院大学(上ヶ原キャンパス1号教室)
主催・お問合せ:関西学院大学文学部

  • 2017-04-27
  • 16:45 - 18:15
  • 入場無料
  • 0798-54-6201
  • 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス
    西宮 西宮市上ケ原一番町1番155号

mercredi 5 avril 2017

La fille inconnue



Site officiel: http://www.bitters.co.jp/pm8/


地域

劇場 電話 公開 前売券
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 4/8(土)~ ★特典付
京都 京都シネマ 075-353-4723 4/15(土)~ ★特典付
兵庫 シネ・リーブル神戸 078-334-2126 4/8(土)~ ★特典付

jeudi 30 mars 2017

Matisse et Rouault à Osaka

Merci https://www.aham.jp/exhibition/future/rouaultmatisse/

マティスとルオー -友情50年の物語-

EXHIBITION 展覧会情報

《肘掛椅子の裸婦》アンリ・マティス 1920年 DIC川村記念美術館蔵  《秋の夜景》ジョルジュ・ルオー 1952年パナソニック汐留ミュージアム蔵
マティスとルオー
-友情50年の物語-
2017年 4月4日(火) ~ 5月28日(日)
左:《肘掛椅子の裸婦》アンリ・マティス 1920年 DIC川村記念美術館蔵
右:《秋の夜景》ジョルジュ・ルオー 1952年
   パナソニック汐留ミュージアム蔵
展覧会概要 フランス近代絵画の巨匠として輝かしい足跡を残したアンリ・マティス(1869~1954)とジョルジュ・ルオー(1871~1958)。パリの美術学校の同級生であったふたりは、生涯にわたって家族ぐるみの交流を続け、互いの創造活動を尊重し、支援し合いました。近年発見された往復書簡とともに、それぞれの個性を浮き彫りにする国内外の名品を通して、半世紀にわたるふたりの厚き友情と芸術の軌跡を紹介します。
マティスとルオー -友情50年の物語- 案内チラシ(PDF:約1.31MB)

会場

あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F アクセス
開催期間2017年 4月4日(火) ~ 5月28日(日)

RCFK 2017 : Rencontres des Chercheurs Francophones du Kansai

Je recopie un message paru sur la liste électronique Sciencescope:

RCFK 2017 : Rencontres des Chercheurs Francophones du Kansai

Lieu : Université des Etudes Etrangères de Kyoto
Date : samedi 10 juin 2017
Web : http://www.sciencescope.org/RCFK2017
Contact : sciencescope.kansai@gmail.com
Inscriptions : 22 mai 2017 (exposés) / 02 juin 2017 (auditeurs)
Notification : 26 mai 2017
******************************************************************

Appel à participation

Fort du succès des 1res Rencontres des Chercheurs Francophones du
Kansai (RFCK) en 2016, Sciencescope organise leur deuxième édition.
Ces rencontres ont comme objectif de promouvoir les échanges entre
chercheurs, étudiants, ingénieurs et institutionnels du Kansai, sur
leurs activités de recherche au Japon, en français, toutes disciplines
et nationalités confondues.

Cet événement est organisé en partenariat avec la Section française de
l’Université des Etudes Etrangères de Kyoto (Kyoto Gaikokugo Daigaku),
et avec le soutien de l’Ambassade de France au Japon, le bureau du
CNRS - Asie du Nord et la Maison franco-japonaise.

RCFK 2017 se déroulera le samedi 10 juin 2017 de 13h00 à 18h00, à
l’Université des Etudes Etrangères de Kyoto, autour d’exposés de
chercheurs et d’exposés invités. L’événement est ouvert à toute
personne intéressée et sera suivi d’une réception. Afin de faciliter
l’organisation, l’inscription est gratuite et obligatoire via le site
web de l’évènement.

Les personnes intéressées pour présenter leurs travaux sous forme
d’exposé en français (environ 20 minutes) doivent envoyer leur résumé
et biographie avant le 22 mai 2017 par email à l’adresse
sciencescope.kansai@gmail.com et suivant les modèles proposés sur le
site web (rubrique inscription). Les auditeurs ont jusqu’au 02 juin
2017 pour s’inscrire en ligne.

Site web : http://www.sciencescope.org/rcfk2017
Contact : sciencescope.kansai@gmail.com

Millepied à Osaka

Au Cine Nouveau à partir du 1er avril


Site officiel: http://www.transformer.co.jp/m/millepied/

Merci http://www.cinenouveau.com/sakuhin/millepied.html

映画「ブラック・スワン」の振付師で、ナタリー・ポートマンの夫としても知られるパリ・オペラ座バレエ団の元芸術監督バンジャマン・ミルピエを追ったドキュメンタリー。ミルピエが350年以上の歴史と伝統に対峙しながら挑んだ演目「Clear, Loud, Bright, Forward」完成までの道のりを通じ、史上最年少で芸術監督に大抜擢されながらも、わずか1年半で芸術監督を辞任することとなったミルピエがパリ・オペラ座にもたらしたもの、伝統と革新がぶつかることで、オペラ座に刻まれた新たな歴史に光を当てる。ティエリー・デメジエール、アルバン・トゥルレーが共同で監督を務め、音楽をルー・リードやビョークの「メダラ」「拘束のドローイング」に参加したピアニストのニコ・マーリーが、衣装をファッションデザイナー、イリス・バン・ヘルぺンが担当。また、レオノール・ボーラック、ユーゴ・マルシャン、ジェルマン・ルーベをはじめとする、総勢24人のバレエダンサーが出演。

上映スケジュールはこちらをご覧下さい

 

dimanche 26 mars 2017

Français à Otsu (大津市のフランス語レッスン)

J'ai le plaisir de recopier une affichette de mon amie Françoise:


Voir aussi http://fujiifrancoise.com pour plus d'informations

jeudi 23 mars 2017

Mon roi à Umeda

Site officiel: http://www.cetera.co.jp/monroi/




三重進富座 0596-28-2875 順次公開
大阪 シネ・リーブル梅田 06-6440-5930 2017/3/25(土)〜
京都 京都シネマ 075-353-4723 2017/4/29(土)〜
兵庫 シネ・リーブル神戸 078-334-2126 2017/4/15(土)〜

L'avenir

Site officiel: http://crest-inter.co.jp/mirai/



近畿

●都道府県 ●劇場名 ●公開日
大阪 シネ・リーブル梅田 3月25日
兵庫 シネ・リーブル神戸 4月22日
京都 京都シネマ 4月8日

mercredi 22 mars 2017

20es semaines des cahiers du cinéma





Au Kyoto Cinema
Merci http://www.kyotocinema.jp/detail.php?mcd=170317

3/25(土) 19:30
『ジャングルの規則』 (La loi de la jungle)

*予告あり

3/26(日) 19:30
『垂直のまま』 (Rester vertical)

*本編スタート
*上映後、アラン・ギロディー監督によるティーチインあり

3/27(月) 19:30
『湖の見知らぬ人』 (L'inconnu du lac)

*本編スタート

3/28(火) 19:30
『7月14日の娘』 (La fille du 14 juillet)

*予告あり

3/29(水) 19:30
『ホーリー・モーターズ』 (Holy motors)

*予告あり

3/30(木) 19:30
『キングス&クイーン』 (Rois et reines)

*35mm/本編スタート

3/31(金) 19:30
『ひめごと』 (Choses secrètes)

*35mm/本編スタート

vendredi 17 mars 2017

Alcest à Osaka

Le 10 avril au Conpass
 Voir Contributeurs à Wikipedia, 'Alcest', Wikipédia, l'encyclopédie libre, 14 décembre 2016, 21:02 UTC, <http://fr.wikipedia.org/w/index.php?title=Alcest&oldid=132706114>
 
Merci http://www.conpass.jp/6716.html


2017.04.10 MON
いいにおいのするALCEST JAPAN TOUR2017 大阪編





Alcest : Alcestの音楽は、別世界からの音楽である。 その世界は夢と空想ではなく、実在するのだが、我々の意識を越えて存在し、 また 我々の感覚によって理解することができないものである。 AlcestのブレーンであるNeigeは、その世界を経験していて、その世界と我々の世界をつなぎ、 人類の死に対する恐れを静める方法を知っている。 慈悲深き無限の光の加護を受けたその世界で、Alcestによる天上の音楽は、甘い芳香のように大気を満たしていく。 美しい音楽性、緻密に練られた世界は、メタル・ファンのみならず、全音楽ファン必聴のものだと言える。

dimanche 12 mars 2017

Fête du français !

Merci http://www.institutfrancais.jp/kansai/fr/events-manager/fete-du-francais/

Le 19 mars 2017


MARCHE2marchehamidou


Dans le jardin de 11h à 19h :

  • Marché, concerts de Hamidou dembele – papou, parties de pétanque (15hà17h), vitrines et saveurs des pays de la Francophonie.

une_vie_de_chat3 coletteIris3xSam-Reiko音楽





Dans la salle Inabata, des animations et spectacles :


heure conteenfants2Irisデッサン1





Dans la médiathèque :

  • 11h30-12h30 L’heure du conte : Durant une petite heure, les enfants auront le plaisir de se retrouver et d’écouter des histoires en français.
  • 13h30-14h15 Atelier enfants : initiation au français par le jeu, le chant, les activités manuelles et le conte.

Rencontre avec Antoine Volodine et Corinne Atlan

Merci http://www.institutfrancais.jp/kansai/fr/events-manager/volodineatlan/ (j'ajoute des liens)

« Le devoir et la tâche d’un écrivain sont ceux d’un traducteur » écrivait Marcel Proust. Un écrivain signe sa propre traduction du réel ou de l’imaginaire, une traductrice met son écriture au service d’un univers qui n’est pas le sien. L’écrivain Antoine Volodine (Villa Kujoyama 2017) et la traductrice Corinne Atlan (Villa Kujoyama 2003) évoqueront ensemble la relation étroite existant entre l’écriture, la traduction et la création.
Modération : Éric Avocat, maître de conférences à l’Université d’Osaka.
corinne Traduction consécutive
Entrée libre
Organisateur : Institut français, Kyoto
Volodine (c) Hermance Triay. Antoine Volodine est le principal pseudonyme d’un romancier français. Diplômé d’une licence de russe et de lettres modernes, il a remporté le prix Wepler en 1999 pour son roman Des anges mineurs et le Prix Médicis en 2014 pour Terminus radieux. Antoine Volodine inscrit ses romans au sein du genre post-exotique, souhaitant ainsi marquer une rupture littéraire et idéologique, mais aussi faire état d’une aventure autobiographique en relation avec l’histoire contemporaine. Ayant vécu à Macao, l’Extrême-Orient a déjà marqué plusieurs de ses romans. Plusieurs de ses ouvrages ont été traduits en japonais.
Traductrice d’une soixantaine d’œuvres japonaises, notamment de Murakami Haruki, Murakami Ryû, Hiranô Keiichirô, Inoue Yasushi, Hayashi Fumiko, Corinne Atlan est également l’auteur de 2 romans et plusieurs essais (dernière parution : Japon, l’empire de l’harmonie, éditions Nevicata, 2016).

Journées de la francophonie dans le Kansai

Merci http://www.institutfrancais.jp/kansai/fr/events-manager/francophonie2017/


PROGRAMME :

  • FESTIVAL DE LA FRANCOPHONIE A KOBE
    Samedi 18 mars de 13h à 20h | Musée préfectoral de Hyogo
  • ATELIER DE COLETTE HUCHARD
    Samedi 18 mars de 14h à 16h30 | Institut français du Japon – Kansai / Kyoto | Réservation obligatoire
  • FÊTE DU FRANÇAIS !
    Dimanche 19 mars de 11h à 19h | Institut français du Japon – Kansai / Kyoto | Entrée libre
  • JOURNÉE QUÉBECOISE
    Dimanche 16 avril de 11h à 16h | Institut français du Japon – Kansai / Kyoto
– Repas québécois de 11h à 15h | Le Café (rez-de-chaussée) | Voir tarifs du restaurant
– Projection du film Incendies de 14h à 16h | Salle Inabata (rez-de-chaussée) | Entrée libre
  • CONFÉRENCE D’ANTOINE VOLODINE
    « ÉCRIRE EN FRANÇAIS UNE LITTÉRATURE ÉTRANGÈRE »
    Jeudi 27 avril de 16h50 à 18h20 | Université Kwansei Gakuin, campus Uegahara | Entrée libre

samedi 11 février 2017

Chant d'hiver


<近畿>
地域 劇場 電話 公開 前売券
大阪 テアトル梅田 06-6359-1080 1/14(土)~2/17(金)
京都 京都シネマ 075-353-4723 2/4(土)~
兵庫 シネ・リーブル神戸 078-334-2126 1/28(土)~

Chocolat


関西
都道府県 劇場名 TEL 前売 公開
大阪 テアトル梅田 06-6359-1080   2/4(土)~  
大阪 なんばパークスシネマ 06-6643-3215   2/4(土)~  
京都 京都シネマ 075-353-4723   順次  
兵庫 シネ・リーブル神戸 078-334-2126 ○   2/25(土)~  
兵庫 豊岡劇場 0796-34-6256   3/4(土)~3/17(金)

vendredi 10 février 2017

Charles-Richard Hamelin à Kyoto


Plus d'informations, ici: http://www.barocksaal.com/concert_schedule/concert20170225.html

Au programme: Chopin
シャルル・リシャール=アムラン
ピアノ・リサイタル ~オールショパン・プログラム~
開催日時:2017年 2月25日(土)15:00開演(14:30開場)
出演者 シャルル・リシャール=アムラン(ピアノ)
演奏曲目 ◆ショパン/
 ノクターン 第17番 ロ長調 作品62-1
 バラード 第3番 変イ長調 作品47
 幻想ポロネーズ 変イ長調 作品61
 序奏とロンド 変ホ長調 作品16
 4つのマズルカ 作品33
 ソナタ第3番 ロ短調 作品58

jeudi 9 février 2017

Juste la fin du monde au Kansai

Site officiel: http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/


地域

劇場名 上映日付 前売券
大阪 テアトル梅田 2017/2/11
なんばパークスシネマ 2017/2/11
京都 京都シネマ 2017/2/11
兵庫 シネ・リーブル神戸 2017/2/11

lundi 6 février 2017

Bruegel, Rembrandt et Rubens à Himeji

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Musée des Beaux-Arts de Himeji:

ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス

バロックの巨匠たち


17世紀初頭フランドル派の画家《バベルの塔》
プラハ国立美術館 ©National Gallery in Prague 2016


2017年2月8日(水)-3月28日(火)


今日多くの人に親しまれている「バロック」という言葉は、「いびつな形の真珠」という意味のポルトガル語 「バロッコ(barroco)」に由来し、ひとつの時代を総称する言葉として19世紀の後半から使われるようになりました。ルネサンスと並ぶ時代精神の表現である「バロック」は、16世紀末のイタリアから始まり、やがてヨーロッパ全土へ伝播し、さらに中南米文化にまで影響を与えました。

本展覧会は、「バロック」を主に16世紀末から18世紀初頭にかけて西洋の広汎な地域に表れた多様な美術様式と捉え、4つのセクション(イタリア絵画、オランダ絵画、フランドル絵画、ドイツ・フランス・スペイン絵画)44点からその展開を一望します。

豊かな色彩表現やドラマチックな明暗法を得意としたヴェネツィア派がイタリアで活躍する一方、オランダやフランドル地方では精緻な描写を得意とする画家が人気を博すなど、この時代は各国の独自性が百花繚乱のごとく開花した時代でした。 歴史画から静物画や風景画が独立・発展し、当時の世俗的なモチーフが宗教画に描かれるなど、絵画は物語を語る媒体としてだけではなく、哲学的な問いを積極的に投げかける存在へと変化します。

現実世界との境界を曖昧にし、観る者に絵画の世界への参加を誘うバロック美術の精神は、近代絵画の成立に大きな影響をおよぼし、現代の我々にも新たな感動を与え続けています。 本展では、レンブラントやべラスケス、ルーベンスといった名だたる巨匠たちの傑作に加え、ティツィアーノをはじめとする16世紀のヴェネツィア派やブリューゲル一族の作品を特別出品し、各国の絵画の多様性を紹介します。

近代絵画の源流といわれるバロック絵画の魅力をご堪能ください。

 ペーテル・パウル・ルーベンス
《十字架への道》
ヨハネ・パウロ2世美術館
©Museum John Paul Ⅱ Collection
レンブラント・ファン・レイン
《襞襟を着けた女性の肖像》
ヨハネ・パウロ2世美術館
©Museum John Paul Ⅱ Collection

vendredi 3 février 2017

Shuzo Takiguchi et Kazuo Okazaki: autout du 130e anniversaire de la naissance de Marcel Duchamp


Je recopie l'information suivante depuis le site internet de la Galerie ozasa_kyoto
(texte en anglais ici)

マルセル・デュシャン生誕130年記念「瀧口修造・岡崎和郎二人展」

shuzo-takigfuchi         kazuo-okazaki%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc



マルセル・デュシャン(1887-1968)は、改めて申し上げるまでもなく現代美術の開拓者であり、20世紀の最も重要なアーティストの一人にも挙げられますが、こうした評価が確立する前の1930年代から、瀧口修造(1903-79)はデュシャンに深い関心を寄せ、たびたび論じてきました。58年の訪欧中に本人と出会ってからは文通や著書の献呈などの交流が続き、63年頃に構想した架空の「オブジェの店」に対して、デュシャンから若き日の女性変名「ローズ・セラヴィ」を贈られています。命名への礼状に同封して、瀧口は自作のロトデッサン(モーターによる回転線描)を一点贈ったほか、返礼として『マルセル・デュシャン語録』(1968年)を刊行しました。さらに代表作「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」の「眼科医の証人」の部分を立体化したマルチプル「檢眼圖」(1977年)も製作しています。デュシャンとその作品の研究・考証は、後半生の瀧口にとって最も重要な課題の一つとなっていたといっても、けっして過言ではないでしょう。

岡崎和郎(1930-)もデュシャンに触発されている美術家の一人です。1950年代から一貫してオブジェに取り組み、86歳を超えた現在も、「御物補遺」 ”Who’s Who” ”HISASHI”の各シリーズなどを精力的に制作している岡崎は、レディメードのオブジェの創始者デュシャンに関連する作品も、「ハート」(1962年)や「窓」(1965年)をはじめ、数多く制作してきました。50年代から岡崎の仕事を評価していた瀧口が、前出『マルセル・デュシャン語録』の製作協力者の一人に岡崎を加え、前出「檢眼圖」の実際の製作を岡崎に委ねたのも当然と思われます。学生時代から瀧口の『近代藝術』を熟読していた岡崎は、「瀧口修造―Arrow Finger」(1968年)など、瀧口に因む作品も制作しています。一方、瀧口も66年にデカルコマニー作品を岡崎に贈呈し、『岡崎和郎の作品 1962-1976』(1977年)にも序詩「彼の微笑、それから」を寄せています。二人の絆は、デュシャンに対する関心や敬意を共有することを通じ、いっそう強固なものとなっていたのは間違いないでしょう。

本展は『マルセル・デュシャン語録』「檢眼圖」をはじめ、瀧口、岡崎のデュシャンに関連する作品など約40点を展示し、生誕130年の幕開けを慶賀するとともに、改めてデュシャンに対する二人の傾倒ぶりや、二人の絆の深さを辿ろうとするものです。なお、展示作品はいずれも土渕信彦氏のコレクションであり、本展は2009年から継続されてきた「瀧口修造の光跡」展の第5回に当たるものであることを申し添えます。末筆ながら、開催にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。



会期|2017年1月7日(土)~2月12日(日)

開廊日時|水―日 12:00~19:00

休廊日|月・火(1月9日祝日は開廊)

協力|土渕信彦、横田茂ギャラリー、ときの忘れもの



主な展示作品(予定)

1.瀧口修造『マルセル・デュシャン語録』A版(著者本10部の第6番)、1968年

2.瀧口修造・岡崎和郎「檢眼圖」、1977年

3.瀧口修造 ドローイング「ローズ・セラヴィのために」、インク・水彩、1968年

4.瀧口修造 デカルコマニー「岡崎和郎のために」、グァッシュ、1966年

5.瀧口修造 ロトデッサン ”cercle vicieux”、鉛筆・紙、1971年

6.岡崎和郎 ”Giveaway Pack 2”、ミクストメディア、1968/1977年

7.岡崎和郎「瀧口修造―Arrow Finger」、ブロンズ・焼き付け塗装、1968/1998年

8.岡崎和郎 ”Snap Shot of Mr. Shuzo Takiguchi ‘Arrow Finger’”、スチレンボード・紙、1969/1996年

9.岡崎和郎「ウィリアム・テルのリンゴ」、樹脂・彩色、2008年

10.岡崎和郎 ”HISASHI”、ブロンズ、1985年

ほか



関連イベント

1.1月14日(土)15:00~16:30 岡崎和郎・平芳幸浩対談「オブジェをめぐって」

2.1月28日(土)15:00~16:30 瀧口修造講演「美というもの」(1962年の富山高校における講演録音再生) 土渕信彦解説

3.2月 4日(土)15:00~16:30 土渕信彦ギャラリー・トーク「瀧口修造とマルセル・デュシャン」

lundi 30 janvier 2017

La passion d'Augustine

(Pardon, je suis en retard pour annoncer ce film)
Site officiel: http://tenshi-chopin.jp/



大阪府

劇場名 電話番号 字吹 先行 前売券 START END 上映中
シネ・リーブル梅田 06-6440-5930
前売券
01/14
上映中
兵庫県
劇場名 電話番号 字吹 先行 前売券 START END 上映中
神戸国際松竹 078-230-3580
前売券
01/14
上映中
京都府
劇場名 電話番号 字吹 先行 前売券 START END 上映中
MOVIX京都 075-254-3215
前売券
01/14
上映中

福井県

劇場名 電話番号 字吹 先行 前売券 START END 上映中
メトロ劇場 0776-22-1772 02/25

L'ombre des femmes


大阪

第七藝術劇場 06-6302-2073 2月中旬
京都 京都シネマ 075-353-4723 3月
兵庫 神戸アートビレッジセンター 078-512-5500 3月

 Site officiel: http://www.bitters.co.jp/koibito/

vendredi 27 janvier 2017

Sous le ciel de Paris


【オリンパスギャラリー大阪】2月3日~2月16日 中藤 毅彦 写真展

【オリンパスギャラリー大阪】2月3日~2月16日 中藤 毅彦 写真展

中藤 毅彦 写真展
「Sous le ciel de Paris」


オリンパスギャラリー大阪 期間:2017年2月3日(金)~2月16日(木)
午前10:00~午後6:00 最終日 午後3:00 日曜・祝日休館 入場無料

写真展案内
パリは、底知れぬ魅惑を秘めた都市である。これまでも幾多の写真家の名作の舞台となり、僕自身も何度も訪れて作品のテーマにして来た。2冊の写真集として結実した以前の作品は、主に移民街を中心にコスモポリタンな現在進行形のパリを写したストリートスナップであった。
今回、思い入れのあるこの街に改めて向き合い、これまでとは違う切り口で取り組んでみたいと考えた。撮影に当たっては、古い街並のディティールに目を凝らしながら徹底的に歩く事と、スナップのみに留まらず、被写体の人物達としっかりとコミュニケーションを取った肖像を含めて撮影をする事を心がけた。歴史を刻んだ街並と、パリに生きる芸術家や商店主、路上で出会った様々な市井の人々の姿、この街に秘められた深い知性と記憶とが写し出せていれば幸いである。

出展作品数:モノクロ 約60点

【作者略歴】
中藤 毅彦(なかふじ たけひこ)
1970年東京生まれ。写真家。
早稲田大学第一文学部中退 東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。
モノクロームの都市スナップショットを中心に作品を発表し続けている。
国内の他、東欧、ロシア、キューバなど世界各地を取材。
作家活動とともに、四谷三丁目にてギャラリー・ニエプスを運営。
国内外で個展グループ展多数。
第29回東川賞特別作家賞受賞、第24回林忠彦賞受賞。
〈出版物〉「Enter themirror」モール刊 1997年
「Winterlicht」ワイズ出版刊 2001年
「Night Crawler1995&2010」禪フォトギャラリー刊 2011年
「Sakuan, Matapaan −Hokkaido」禪フォトギャラリー刊 2013年 
「Paris」FUNNY BONES EDITION刊(フランス) 2013年
「STREET RAMBLER」ギャラリー・ニエプス刊 2014年 等

中藤 毅彦 写真展ギャラリートーク 開催



大阪日程:2017年2月4日(土) 14:00~15:00
会場:オリンパスギャラリー大阪
参加費:無料

※お問い合せ:オリンパスギャラリー事務局 TEL 03-5909-0191




オリンパスギャラリー大阪
〒550-0011 大阪市西区阿波座1丁目6番地1号 MID西本町ビ
TEL 06-6535-7911 FAX 06-6535-7274
アクセス・地図

(Merci https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/367)

jeudi 26 janvier 2017

Petites gravures de Picasso à Osaka

Site officiel: http://chayamachi.com/schedule/2017/01/post-256.html

poster for Picasso’s Small Prints

Alechinsky à Osaka



Voici ce qu'on peut lire sur le site internet du Musée National des Beaux-Arts d'Osaka:

おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展

会期: 2017年1月28日(土)―4月9日(日)

ピエール・アレシンスキー(1927年生まれ)はベルギーに生まれ、第2次大戦後、ベルギー、オランダ、デンマークの若い作家たちが結成した前衛芸術グループ「コブラ」に参加して本格的な作家活動を始めました。「コブラ」の作家たちは、子供の絵などに触発され、主義主張に捕らわれない自由を何よりも大切にして、それぞれのスタイルで制作を展開します。短い「コブラ」の活動のなかでアレシンスキーは、線の要素を主にした抽象的な絵画を自らの個性にして、間もなくパリで東洋の書道芸術を発見します。とりわけ体全体を使って床に置いた紙に墨で書く、当時湧き起った日本の前衛書道の奔放さに共感を覚え、1955年には来日して書家の森田子龍らと交流し、映画『日本の書』を作りました。日本滞在も刺激となり、生来の優れたデッサン力を生かしたアレシンスキーの絵画は、西欧の重厚な油彩画から抜け出し、墨、水彩、アクリル絵具などを用いて、軽快で自在な線描を軸に豊かな展開を見せてきました。コマ割りにした画面に海、樹、人間、怪物など、多彩な形を表しながら、画家が見、経験した世界のあらゆる側面が集められるとともに、その個性は、版画も交えた幾種もの技法を駆使して、いまなお限りない変奏をかなでています。
 90歳を迎えるアレシンスキーの奔放自在な筆の勢いは依然衰えることを知りません。ベルギーを代表し戦後のヨーロッパ絵画に大きな足跡を残すこの画家を、初期から最新の大作約80点をもって紹介する本展は、日本・ベルギー友好150周年を記念する日本で最初の大規模な回顧展です。

jeudi 19 janvier 2017

Cher Monsieur Renoir (拝啓 ルノワール先生 -梅原龍三郎が出会った西洋美術)

Site officiel: http://www.aham.jp/exhibition/future/renoirumehara/

mercredi 18 janvier 2017

Jean Le Gac à Kobe

Je recopie l'information suivante depuis le site internet de la Galerie Yamaki:
(Pour plus d'informations, voir, par exemple, Contributeurs de Wikipédia, "Jean Le Gac," Wikipédia, l'encyclopédie libre, http://fr.wikipedia.org/w/index.php?title=Jean_Le_Gac&oldid=124474562 [Page consultée le janvier 18, 2017]).

ジャン・ル・ギャック 「1966 - 2016」 

2017年1月21日(土)-2月18日(土)


「メッセージ 9」(部分) 2010 ミクストメディア(絵画、写真、テクスト)
ギャラリーヤマキファインアートではこのたび、フランスの現代美術家 ジャン・ル・ギャック(Jean Le Gac)の個展を開催いたします。1936年南仏生まれのル・ギャックは、はじめ伝統的な絵画表現を志しながらも、60年代の終わりごろから絵画や写真、文章を組み合わせた作品を発表。それらの作品はヨーロッパを中心に注目を集め、1972年には「ヴェネツィア・ビエンナーレ(フランス館)」(ヴェネツィア・イタリア)や、「ドクメンタⅤ」(カッセル、ドイツ)での“個人的神話”をテーマとしたセクションに選出されました。そこで出品されたのはル・ギャックの出発点である、画家についての架空のドキュメンタリーを小冊子に写真と文章で構成した作品で、この時代に問われた“絵画”について独自の方法を模索しました。

ル・ギャックは画家自身の家族や家族が揃って過ごすヴァカンスの状況を設定し、プライベートを描いた絵画や撮影した写真に、虚構の文章を付け加えていきました。彼は、“絵画”を制作する画家という伝統的な意味での画家像が過去のものとなった時代において、“画家”のフィクションを提示することで、絵画とは何か、画家とは何か、を問い直そうと試みています。そのフィクションは、彼が好んだアラン・ロブ=グリエやホルヘ・ルイス・ボルヘスなど、実験的でミステリアスな文学の影響を受けています。ル・ギャックによって与えられた絵画や写真、文章を手がかりに、観客は自ら推理しながら物語を構築してゆくことを求められます。しかしそれらの手がかりは真実らしく見せかけた虚構であり、一見ル・ギャックの自伝的な物語と思わせつつ、実は架空の画家像を観客の中で作り上げます。これらのル・ギャックの表現方法を同時代のなかで回顧してみれば、コンセプチュアルアートの動向と呼応するものであると位置づけられるでしょう。またフランス国内に目を向けてみればクリスチャン・ボルタンスキーやアネット・メサジェ、ソフィ・カルらと比較し語られるべき作品でもあるでしょう。それらの作品はポンピドゥー・センター(パリ、フランス)、ニューヨーク近代美術館をはじめ、世界の主要現代美術館に収蔵されていますが、日本国内ではなかなか紹介される機会に恵まれていません。

ギャラリーヤマキファインアートでの個展開催は、2007年、2011年に引き続き3回目となります。本展は、1960年代に制作された貴重な初期の小冊子に写真と文章で構成したインスタレーション作品や、2010年代の絵画と写真で構成した近作を中心に約9点をご紹介いたします。ル・ギャックのキャリアにとって最も重要な作品を含む本格的な展覧会は、今回が日本国内で初めての機会です。現実と虚構が交錯するル・ギャックの作品は、見るものの想像力と疑いのまなざしによってより豊かになっていくことでしょう。この貴重な機会に是非ご高覧ください。
【作家略歴】
1936年 南仏タマリス生まれ
1972年 「ヴェネチア・ビエンナーレ(フランス館)」、イタリア / 「ドクメンタⅤ」(カッセル、ドイツ)
1984年 パリ市立近代美術館にて個展
2007年、2011年 ギャラリーヤマキファインアートにて個展

現在フランス・パリ在住
【出品作品(予定)】
《メッセージ 9》 2010
絵画(81×100cm)、写真、テクスト(各21×29.7cm)
《芸術の脱走者》 1968-2016
墨、カラーインク、くるみの果皮、紙にポシュワール、
写真、テキスト(各34×25cm)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会期:
2017年 1月 21日(土) - 2月 18日(土) 休廊日:日・月曜日
開廊時間:
11:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00  [最終日は17:00まで]
所在地:
ギャラリーヤマキファインアート  〒 650-0022 神戸市中央区元町通 3-9-5-2F
問合せ:
TEL: 078-391-1666  FAX : 078-391-1667  MAIL: info@gyfa.co.jp
アクセス:
JR ・阪神 元町駅 西口より徒歩 1 分
料金:
無料

Dominique Lutringer à Osaka

Je recopie, en ajoutant un lien, l'information suivante depuis le site internet de la Galerie Tezukayama:
MONOCHROME LANDSCAPE’
ドミニク・ルトランジェ
Dominique Lutringer 
2017.01.20(金) - 2017.02.18(土) レセプションパーティー : 01.20 (金) | 18:00 - OPEN : 火 - 土 | 12:00 - 19:00
CLOSED : 日、月、祝日
この度、TEZUKAYAMA GALLERYにて2度目となる、ドミニク・ルトランジェの個展を開催いたします。
フランスで生まれ、ドイツ人の父とフランス人の母を持つドミニクは、青年期に日本文化への強い関心を持ち、1992年に日本に移住。その後、様々なスタイルの平面作品を作り続け、現在では日本文化独特の美意識を組み込んだミニマルな作品を中心に制作。国内外で活躍するファインアーティストです。

本展覧会ではそんな彼が描く、繊細なドローイングを中心に未発表の新作を20点展示いたします。
前回のテヅカヤマギャラリーでの個展作品よりさらに色彩が抑えられ、紙と鉛筆の濃淡のみで表現されたモノクロの作品群。シンプルな素材、色、構成を用いながらも、自然や人々の日常の情景が表情豊かに、そして暖かみを持って切り取られています。またこれらの作品からは、彼が追求する、余白をも描く研ぎ澄まされた美しさや、自然の成り行きに芸術を見出す日本の美的感覚を、より一層体感できることでしょう。みなさまぜひ、この機会にご高覧くださいませ。

////////////////////
”静かなエネルギーをもつドミニク・ルトランジェの新作は、抑制された色使いと簡素な美を特徴とする。彼は長年にわたり数多くのスタイルを展開し、現在、シンプルで観照的な、つまり制御され繊細なざらつきのあるモノクロームの画面に至っている。
絵画のエレメントは自由に構成されているが、白い面と多様な鉛筆のストロークの層がリズムを作り、これらの構成要素間の緊張を効果的に表現している。彼は簡素という思想を完全にすることを模索し、不要を除き物の本質に戻ることをめざしている。”

クリスチャン・ブシャランク
建築家 / シンガポール国立大学准教授
産業デザイン学部デザイン環境学科長

dimanche 15 janvier 2017

Le château de la reine à Takarazuka


Site officiel: http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2017/ouhinoyakata/

ミュージカル・コメディ 『王妃の館 -Château de la Reine-』


~原作 浅田次郎「王妃の館」(集英社文庫刊)~
脚本・演出/田渕 大輔

太陽王ルイ14世が残した「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、個性豊かな登場人物たちが織り成す人間模様をコミカルに描いた浅田次郎氏の小説「王妃の館」。
このベストセラーを、宝塚歌劇ならではの演出を加えミュージカル化致します。
パリ、ヴォージュ広場の片隅に佇む「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」は一見客の宿泊を許さぬ高級ホテルだが、実際は深刻な経営難に陥っていた。そこに目を付けた旅行社「パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ」はホテルとタッグを組み、高額の“光ツアー”、格安の“影ツアー”それぞれに同じ客室を利用させるという奇策に打って出る。しかし集まったのは風変わりな人気作家ら、一筋縄ではいかない癖者ばかり。かつての城主、ルイ王の物語が紐解かれる中、様々な騒動を繰り広げるのだが……。
なお、この作品は演出家・田渕大輔の宝塚大劇場デビュー作となります。