samedi 29 août 2015

1930年代フランスにおける壁画の特質と時代的意義

Je recopie l'information suivante depuis le site internet de la Société Japonaise de Design:
 

第223回 意匠学会研究例会のお知らせ

研究発表

■ 1930年代フランスにおける壁画の特質と時代的意義 <要旨>
山本友紀/京都嵯峨芸術大学

■ 田中一光《グラフィックアート植物園》について <要旨>
輿石まおり/無所属

(例会担当: 竹内幸絵委員)

〈日 時〉
平成27年9月12日(土)
研究発表    午後2時00分~4時00分
研究発表懇談会 午後4時00分~5時00分

〈会 場〉
同志社大学 弘風館3階 K31教室
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
TEL:075-251-3411(社会学部事務室)
アクセスマップ
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html

■行き方
1) 地下鉄烏丸線:「今出川」駅から徒歩1分
2) 京阪電車:「出町柳」駅から徒歩15分
3) 市バス:「烏丸今出川」から徒歩1分
※地下鉄今出川駅直結の建物ではありませんのでご注意ください。
教会などがある建物群のなかの小さめの教室棟です。


*意匠学会役員会のお知らせ
当日昼の12時30分より役員会を開催いたします。役員の方々はご参集下さい。
*役員会の会場は、同志社大学弘風館4階 K47教室です。
(役員会の皆さまにはご報告の準備と、審議の迅速化にご協力ください。)

jeudi 13 août 2015

Une nouvelle amie au Kansai

A partir de samedi, on peut voir le dernier film de François Ozon, Une nouvelle amie dans plusieurs cinémas du Kansai.

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Cine Libre Umeda:
© 2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ


彼は秘密の女ともだちTHE NEW GIRLFRIEND
107分 フランス
公開予定日 8/15(土)~
 R15+
監督・脚本 : フランソワ・オゾン
出演者 : アナイス・ドゥムースティエ、ロマン・デュリス、ラファエル・ペルソナ
『8人の女たち』『しあわせの雨傘』のフランソワ・オゾン監督が描く“人生讃歌”に、世代・性別を越えて世界中が大絶賛!

親友の夫の“とある告白”で、主人公・クレールの日常が一変!
秘密を共有した二人の友情は、思わぬ方向へ動き出す。
親友のローラを亡くし、悲しみに暮れるクレール。残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘を守ると約束したクレールは、二人の様子を見るために家を訪 ねる。するとそこには、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの姿があった。ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだっ たが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すうちに、クレール自身も女性としての美 しさが増してゆく。とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい生き方とは──?
三重進富座10/24(土)~
大阪シネ・リーブル梅田8/15(土)~
京都京都シネマ8/15(土)~
兵庫シネ・リーブル神戸8/15(土)~

lundi 10 août 2015

Knistern der Zeit – Christoph Schlingensief und sein Operndorf in Burkina Faso

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Cine Nouveau:
11/8; 20 h 00

時のひび割れ (Knistern der Zeit – Christoph Schlingensief und sein Operndorf in Burkina Faso)

時のひび割れ2012年/106分/ドイツ語・フランス語(日本語字幕つき) 監督:シュビレ・ダーレンドルフ 配給:Filmgalerie 451
◆シュリンゲンジーフが肺癌に冒されたというショッキングなニュースの後に、更に人々を驚かせた「アフリカでのオペラ村」建設計画。長年アフリ カに魅了されていた彼は「アフリカから学ぶ」をモットーに、学校、病院、劇場、映画館等の複合施設「オペラ村」を計画。このドキュメンタリーは2009年 から11年に渡るブリキナファソの首都ワガドゥグー郊外での場所探しから小学校開校式までを追い、闘病中にも関らず実現に向けて様々な障害を越えていく シュリンゲンジーフの精力的な姿を収めている。尚、彼の死後彼の未亡人によって計画は引き継がれ、現在オペラ村ではすでに小学校と病院が運営されている。

vendredi 31 juillet 2015

第4回 関西学生フランス文学研究会

Je recopie l'information suivante depuis la page internet http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/futsubun/index.htm:

2015年8月29日(土)13時
第4回 関西学生フランス文学研究会
会場 大阪大学文学部本館2階 大会議室

第一部(司会:松川みゆう)
13:10~  植村実江 (大阪大学修士課程1回生)
「スタール夫人の『コリンヌあるいはイタリア』における文学論」
13:45~  竹鼻智子 (大阪大学修士課程1回生)
「ヴィヨンとゴーチエ」
14:20~  大山賢太郎 (京都大学修士課程2回生)
「ルソーのエートスと読者の関係性について」
14:55~  休憩

第二部(司会:柴田秀樹)
15:05~  世良幸穂 (京都大学修士課程2回生)
「モリエール『「女房学校」批判』と『ヴェルサイユ即興劇』についての考察」
15:40~  信川智彦 (神戸大学修士課程2回生)
「コクトー『人間の声』とベケット『私じゃない』」
16:15~  岩永大気 (京都大学博士課程2回生)
「サミュエル・ベケット『芝居』における意味生成の構造」
16:50~  休憩

第三部(司会:山下裕大)
17:00~  川上紘史 (大阪大学博士課程2回生)
「パスカルにおける信仰と儀式—洗礼を中心に—」
17:35~  松田真里 (京都大学博士課程2回生)
「プルースト小説における動物園」

jeudi 30 juillet 2015

Gemma Bovery au Kansai

Je recopie les informations suivantes depuis le site internet du Theatre Umeda:
© 2014 – Albertine Productions – Ciné-@ - Gaumont – Cinéfrance 1888 – France 2 Cinéma – British Film Institute

ボヴァリー夫人とパン屋
 Gemma Bovery
監督 : アンヌ・フォンテーヌ
出演者 : ファブリス・ルキーニ、ジェマ・アータートン、ジェイソン・フレミング、ニール・シュナイダー
『屋根裏部屋のマリアたち』のファブリス・ルキーニ、『アンコール!!』のジェマ・アータートン主演!
フランスでは4週連続興行成績1位の大ヒット作!
フランス西部ノルマンディー地方、美しい田園風景が広がる小さな村。パリで12年間出版社に勤務した後、平穏で静かな生活を求めて故郷に戻り、稼業のパン 屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で文学だけが想像の友、とりわけボロボロになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフ ローベールの『ボヴァリー夫人』だった。そんなある日、向かいにイギリス人夫妻、その名もジェマとチャーリー・ボヴァリーが越してくる!マルタンはこの思 わぬ偶然に驚き、小説さながらに行動する奔放なジェマから目が離せなくなってしまう。一方ジェマもマルタンの作る、やさしくて芳醇な香りのパンに魅せられ ていく。ボヴァリー夫妻と親交を深めるうちにマルタンの好奇心は、単なる文学好きの域を超え、ジェマを想いながらパンをこね、小説と現実が入り交じった妄 想が膨らんでいく。しかし、『ボヴァリー夫人』を読んだこともないジェマは勝手に自分の人生を生きようとする。そこへ若きアポロンのごとき美青年が出現 し、ジェマは夫の目を盗み情事を重ねるようになる。このままでは彼女が“ボヴァリー夫人と同じ運命を辿るのでは?”と心配したマルタンは思わぬ行動に出 る。
  • オフィシャルサイト


大 阪 テアトル梅田 8月1日 06-6359-1080
京 都 T・ジョイ京都 8月1日 075-692-2260
兵 庫 シネ・リーブル神戸 8月29日 078-334-2126

mercredi 29 juillet 2015

jibiki.fr

Je recopie un message paru sur la liste électronique sciencescope:

CherEs collègues,


Suite à mon exposé sur le projet Jibiki, vous trouverez ci-dessous le lien vers le site Web :



Vous y trouverez entre autres :

- 1 corpus bilingue aligné (petit mais qui ne demande qu’à grossir)
- 1 module de lecture active permettant d’ajouter la prononciation et les traductions sur un texte français ou japonais (style Rikaichan)
- 1 interface de consultation du dictionnaire permettant de chercher des mots en romaji, hiragana ou kanji et de naviguer dans le dico par ordre alphabétique
- 1 interface avancée où il est possible de combiner les critères de recherche (ex : domaine de la botanique dont le romaji commence par b)

Le dictionnaire japonais-français contient 153 929 articles au total dont :
• 82 663 articles provenant du Cesselin dont :
• 10 305 articles (12,47 %) dont les mots-vedette en kanji sont '??' (qui n'ont pas été correctement reconnus par la lecture optique)
• 40 440 articles (48,92 %) dont les mots-vedette n'ont pas encore été vérifiés (automatiquement ou manuellement)
• 47 810 articles provenant du JMdict
• 23 456 articles provenant de Wikipedia
• 48 209 articles (31,32 %) dont les traductions sont en anglais (donc à traduire en français !)


Il reste des erreurs provenant de la lecture optique ou des articles à traduire en français.
Chacun peut contribuer en s’enregistrant sur la plateforme puis en cliquant tout simplement sur le mot à corriger.


Je souhaite vivement que la communauté puisse s’emparer de cet outil et enrichir petit à petit les données.


SI vous avez des remarques, je reste à l’écoute.


Bien cordialement,


Mathieu MANGEOT

vendredi 24 juillet 2015

Mucha de retour à Sakai

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Musée Mucha de Sakai:


ミュシャと世紀末の幻想

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)が活躍した19世紀末のフランスには、「良き時代」とされたベル・エポックの華やかな一面とは裏腹に、退廃 的で仄暗い一面も存在します。キャバレーや百貨店が隆盛し、街中を彩る美しいポスターが促す大量生産・大量消費の明るい時代の裏には、無政府主義やテロリ ズムがはびこり、オカルティズムやデカダンスに傾倒するなど不安を漂わせた時代の姿がありました。世紀の変わり目の不安定な世の中に対する不安や虚無感 は、芸術家たちの作品にもさまざまな形で影響を与えます。
ミュシャもまた、パリの街を美しく飾るポスターを描く一方で心霊研究に熱中し、降霊術の実験に参加するなど神秘的なものに強く関心を持っていました。
本展覧会では、そんな世紀末独特の時好とミュシャとの関わりを紐解き、華やかで美しいだけではないミュシャ作品の一面をご紹介します。

開催期間 2015/07/11(土)~2015/11/08(日)
お問い合わせ 072-222-5533
関連リンク http://mucha.sakai-bunshin.com/