vendredi 17 octobre 2014

だまし絵Ⅱ


Site officiel: http://www.damashie2.com/hyogo/index.html


ファッション史の愉しみ ―石山彰ブック・コレクションより―

Une exposition au Musée de la Mode de Kobe:
ファッション史の愉しみ―石山彰ブック・コレクションより―
ファッション史の愉しみ
―石山彰ブック・コレクションより―


2014年10月18日(土)~2015年1月6日(火)
開館時間:10:00 - 18:00(入館は17:30まで)

休館日:水曜日、10月9日(木)―17日(金)、年末年始12月29日(月)-1月3日(土)

入館料:(特別展示・ベーシック展示あわせて)
《一般》500円 《小中高65歳以上》250

主催:神戸ファッション美術館
後援:繊研新聞社、服飾文化学会、Kiss FM KOBE

特別協力:東京家政大学
協力:アトリエ染花、株式会社 七彩、菅野ももこ、中西希和、三友晶子
展示協力:大阪樟蔭女子大学
企画構成:神戸ファッション美術館、能澤慧子(東京家政大学)

  • 18世紀からのファッション画とドレスの華麗なる共演…
移ろう中に真実を秘めるファッション。
生きる事の意味を問いかける者に、それは人間の生み出す無数の美の在り様という愉しみで答える。

本展覧会は、我が国の戦後ファッションの黎明期に、その世界でオピニオン・リーダーとしての役割を果たし、その後、西洋ファッション史研究の第一人者とし て活躍した石山彰(1918-2011、前お茶の水女子大学教授、文化学園大学名誉教授)の遺したファッション史関係のブック・コレクションを中心として 展示するものです。
ファッションとは、移ろい行く一瞬のはかない美の連続です。それ故に、絶え間なく創造力と知恵と富とが注ぎ込まれ、その中にこそ、人間と社会の真実がこめ られるのです。新しい創造の源としての可能性を秘めたファッションの歴史は、優雅さと華やかさの世界を繰り広げながら、遠い時代の人々の心性を甦らせ、し ばしば人の世の内面を如実に物語ります。そして「人はなぜ装うのか?」と問いかける者に、真摯に答えようとします。
ファッション史研究の重要な視覚資料であるファッション・プレートは、流行の衣装を身に着けた男女の姿を描いた版画です。時代の美意識の鏡ともいえるその 表現は、しばしばリアリズムを越えて、同時代の人がファッションに見出したイメージをも描写しています。多様な人間の美しさを浮かび上がらせたこれらの作 品は、ファッション史を紐解く者に惜しみなく愉しみを与えてくれます。 この優雅で尽きることのない愉しみが、70年近い歳月をファッション史研究に捧げた石山が遺した豊かなコレクションと、神戸ファッション美術館所蔵の歴史 衣装の展示を通して広く伝わり、次世代へと受け継がれることを祈念して止みません。
  • ファッション史の愉しみ―石山彰ブック・コレクションより―
    【1】ル・クレール≪フランス風胴衣≫ 『ギャル リー・デ・モード・エ・コスチューム・フランセ』より 1778年 【2】≪散歩用の装い≫ 『ラ・ベル・アッサンブレ』より 1809年 【3】ランテ ≪パリの服装≫ 『ジュルナル・デ・ダーム・エ・デ・モード』より 1834年 【4】アナイス・トゥードゥーズ 『ラ・モード・イリュストレ』より 1870年 【5】ジョルジュ・バルビエ≪夜のバラ≫ 『モード・エ・マニエル・ ドージュルデュイ』より 1914年 【6】アナイス・トゥードゥーズ 『ル・フォレ』より 1855年 【7】楊州周延≪秋園菊花の盛≫(部分)  1887年 【8】ローブ・ア・ラ・フランセーズ 1770年頃 フランス 【9】イヴニング・ドレス 1855-60年頃 アメリカ 【10】ウェディ ング・ドレス 1873-75年頃 イギリス 【11】デイ・ドレス ポール・ポワレ 1912年 フランス

    【8】【9】【10】【11】神戸ファッション美術館蔵

Philippe Descola à Osaka

Philippe Descola, professeur au Collège de France, donnera une conference au Daimaru de Shinsaibashi le 29 octobre: 「世界の再構成にむけて」,

Je recopie l'information suivante depuis le site internet de l'Expo 90 Foundation:

【大阪会場】


開催日時 平成26年10月29日(水)16:00~18:00(15:30 受付開始予定)
開催場所 大丸心斎橋劇場(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1)
内容 ・プレゼンテーション 
  秋道 智彌(総合地球環境学研究所名誉教授、コスモス国際賞選考専門委員)
・講演「世界の再構成にむけて」
  フィリップ・デスコラ
(コレージュ・ド・フランス教授 2014年コスモス国際賞受賞者)
・対談 
  フィリップ・デスコラ
  池谷 和信(国立民族学博物館教授)
・質疑応答
【参加申込み方法】
郵便番号・住所・氏名・電話番号、希望会場(大阪)をご明記のうえ、はがき、FAX、 Eメールのいずれかでお申し込みください。

誠に申し訳ございませんが、東京会場は定員超過により受付を締め切りました。
(公財)国際花と緑の博覧会記念協会 「コスモス国際賞講演会」係
 〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-136
 06-6915-4524
 メールフォームをご利用下さい。
※ 参加費無料、事前登録制。参加証の発送を持って登録とします。
※ 日英同時通訳あり。
※ 定員(東京350名、大阪250名)になり次第、締切り。
※ 個人情報は、厳正な管理の上、本事業運営以外の目的で使用することはございません。
※ 問い合わせは、(公財)花博記念協会企画事業部第二課(TEL:06-6915-4513)まで。

Affichette et fax d'inscription en PDF

『アフリカにおける すこやかな暮らし ―専門を超えて考え 話し合う―』

Je recopie le texte ci-dessous depuis le site internet de l'Association Japonaise  des Etudes Africaines:

◆関西支部:2014年度

第1回<主催>例会

『アフリカにおける すこやかな暮らし
―専門を超えて考え 話し合う―』
日時 2014年11月1日(土) 14:00~17:30
場所 神戸大学大学院 国際協力研究科 6階シュミレーション・ルーム
(六甲台第1キャンパス,神戸市灘区六甲台町2-1)
アクセス http://www.gsics.kobe-u.ac.jp/ja/rokkodai.html
(当日は建物正面向かって右手〔北側〕にある入口からお入りください.)
プログラム
14:00~
報告1『ケニア・マサイ社会における女性性器切除をめぐる解釈と女性たちの抵抗』(仮)
林 愛美(大阪大学大学院言語文化研究科 博士後期課程)
コメンテーター: 西 真如 (京都大学学際融合教育研究推進センター グローバル生存学大学院連携ユニット 特定准教授)
(休憩)
15:20~
報告2『顧みられない熱帯病と医療支援の実態:西アフリカの事例』
新山 智基(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科 日本学術振興会特別研究員PD)
コメンテーター: 木村 大治(京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科 教授)
16:30~ ディスカッション 『アフリカにおけるすこやかな暮らしを阻むもの』
* 研究会への参加に事前申し込みは不要ですが,研究会終了後に懇親会を予定しておりますので,懇親会へ参加される方はできれば事前にその旨ご連絡ください.
連絡・問い合わせ先
神戸大学大学院国際協力研究科 出町 一恵 (demachi[at]people.kobe-u.ac.jp)※[at]は@に変更してください
flyer
Flyer:PDF

2015年春夏 ミラノ・パリコレクション 速報

Je recopie l'information suivante depuis le blog du 神戸ファッション美術館:

2015年春夏 ミラノ・パリコレクション 速報

神戸ファッション美術館にて、2015春夏ミラノ・パリコレクション速報 コレクションセミナーを開催します。
ミラノ・パリの注目コレクションから発信されるトレンド情報を迫力のランウェイ映像と鮮明なスライドを使い、いち早く分析・レポートします。
また、マーケットの最新ニーズに合わせたトレンドを徹底検証します。
世界のファッション動向をはかる絶好の機会となるに違いありません。業界必見のトレンドセミナーです。
2015年春夏 ミラノ・パリコレクション 速報
2015年春夏 ミラノ・パリコレクション 速報
日時
2014年10月24日(金)  13:30~16:30
会場
神戸ファッション美術館5階 オルビスホール
受講料
1名様 13,000円(税込)
講師
関本美弥子(松屋/婦人服・服飾雑貨ファッションディレクター)
都築千佳(WWDジャパン編集長)
向 千鶴(WWDジャパンファッションディレクター)
主催
(一財)ファッション振興財団/神戸ファッション美術館
共催
東京織物卸商業組合
特別協力
(公財)神戸ファッション協会
企画協力
WWDジャパン
お問合せ・お申込み
財団法人ファッション振興財団 電話番号 03-5410-0091
ホームページ(http://www.ffj.or.jp/) からでもお申込みいただけます。
2015年春夏ミラノ・パリコレクション速報(神戸会場)

De toutes nos forces

A partir du samedi 18, on peut voir un peu partout (mais, curieusement, pas Osaka ou Kyoto) le film de Nils Tavernier, De toutes nos forces.

Je copie ci-dessous le texte du Cine Pipia:



シネマ2グレート デイズ! ―夢に挑んだ父と子― DE TOUTES NOS FORCES公式サイト
10/18(土)から上映決定
2013年/フランス/90分/DCP
◎監督・原案・脚本:ニルス・タヴェルニエ/脚本:ピエール・レシュー、ロラン・ベルトーニ
◎出演:ジャック・ガンブラン、アレクサンドラ・ラミー、ファビアン・エロー、ソフィー・ドゥ・フュアスト、パブロ・ポーリー、グザヴィエ・マチュー

『最強のふたり』の感動再び!
不器用な父親と車いすの息子―
親子として向き合えずにきた二人の無謀なる挑戦は<トライアスロン完走>!

◆車いす生活を送る息子と元トライアスロン選手の父親が、過酷なアイアンマンレースに挑む心温まるヒューマンドラマ。頑 固で不器用な父、車いすの息子、長きにわたってまともに向き合うことができなかった父子の無謀ともいえる挑戦の物語。爽やかな感動にフランス全土が熱狂! あの『最強のふたり』の感動が、いま鮮やかに甦る!!


三重 イオンシネマ桑名     11/1
進富座     11/1
福井 テアトルサンク     10/18
兵庫 姫路OS     11/1
塚口サンサン劇場     11/8
シネ・ピピア     10/18
イオンシネマ三田ウッディタウン     11/8
滋賀 大津アレックスシネマ     10/18
奈良 イオンシネマ西大和     10/18
和歌山 ジストシネマ和歌山     10/18
『グレート デイズ! ―夢に挑んだ父と子―』チラシ画像
 ©2014 NORD-OUEST FILMS - PATHE PRODUCTION - RHONE-ALPES CINEMA









Himself he cooks à Umeda et puis ailleurs



A partir du samedi 18, on peut voir le documentaire belge Himself he cooks au Cine Libre Umeda. 
 
Voici ce qu’on peut lire sur le site internet de la salle de cinéma :



Himself he cooks
65分ベルギー
公開予定日10/18(土)~
監督
: フィリップ・ウィチュス,ヴァレリー・ベルトー
人種も、階級も、宗教も関係なく、お腹を満たすことが出来る、聖地インド黄金寺院 大きな団らんを体験する極上のショートトリップ・ドキュメンタリー
インドのシク教総本山にあたるハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院>では、毎日10万食が巡礼者や旅行者のために、すべて無料で提供されている。
そこは宗教も人種も階級も職業も関係なく、みなが公平にお腹を満たすことができる「聖なる場所」だ。
想像すらつかない沢山の食事は、毎日どのように用意されているのだろうか? スクリーンに映し出されるのは、驚くべきキッチンの舞台裏と、それに関わる人々の一切無駄のない神々しい手さばき。もちろん、近代的な調理器具は使わず、全てが手仕事で行われている。
監督は、自らも移動式キッチンのシェフとして腕をふるうベルギーのフィリップ・ウィチュスとヴァレリー・ベルトー夫妻。
黄金寺院で何世紀にも渡って続く「聖なるキッチン」のコンセプトに感銘をうけ、映画の制作を決意。訪れた人々があらゆる差別や偏見を気にせず、同じ鍋のご はんをいただく大きな団らんと、それを支える人々の無償の労働。その姿はファストフードやコンビニ弁当による「ひとりご飯」が当たり前となってしまっ た私たちに、「食」という人の営みの原点を思い出させてくれる。
インド黄金寺院に古くから伝わる食卓の風景に、心解きほぐされる極上のショートトリップ・ドキュメンタリー。これを見れば、今夜の食卓は少し違って見えてくるはず。


Le film sera ensuite visible dans les cinémas suivants :
大阪・大阪
シネ・リーブル梅田
20141018日(土)~
大阪府大阪市北区大淀中1188
梅田スカイビルタワーイースト3F
06-6440-5930
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/
京都シネマ
20141025日(土)~
京都市下京区烏丸通四条下る西側
COCON
烏丸3F
075-353-4723
http://www.kyotocinema.jp/
兵庫・神戸
元町映画館
2014118日(土)~1121日(金)
兵庫県神戸市中央区元町通4丁目1-12
078-366-2636
http://www.motoei.com/
三重・伊勢
進富座
20141129日(土)~1212日(金)
伊勢市曽祢2丁目827
0596-28-2875
http://www.h5.dion.ne.jp/~shintomi/


Le beau site officiel de la réalisatrice : http://www.valerieberteau.be/#

mercredi 15 octobre 2014

Mesmer Tour


Je recopie l'information suivante depuis le site internet de la Cie Cadmium:

Mesmer est une performance électroacoustique de la compagnie suisse Cadmium pour une danseuse butoh et un musicien dans laquelle la danseuse est munie de capteurs piézoélectriques et électromagnétiques. Le son est ensuite traité et spatialisé sur divers émetteurs DIY.
En jouant avec la qualité du sol et les champs électromagnétiques présents sur place, la performance met en avant le potentiel sonore du lieu investi. Le musicien, présent dans l’espace scénique, contrôle et modifie les sons émis par la danseuse en mouvement en se servant d’effets, générant ainsi des textures sonores différentes.
La danseuse suit une trame dramaturgique empruntée aux essais de magnétisme du 18e siècle mais s’inspire également de l’ambiance du lieu. Aspect des murs, taille de l’espace, proximité avec le public : tous ces éléments sont exploités par la danseuse afin de donner vie à la performance.
Annika Dind : danse
Jamasp Jhabvala : musique

Concert pour l'anniversaire d'Adolphe Sax

Je recopie l'information suivante depuis le site internet du Conservatoire d'Osaka:

2014年度のミュージアム・コンサート/セミナーが決まりました。お申込み受付中です。
今回はお申し込み方法、会場が昨年までと異なります、ご注意ください。

●第77回ミュージアム・コンサート

 サクソフォーン創案者
 アドルフ・サックス生誕200年 記念コンサート
 ~国立パリ高等音楽院教授 クロード・ドゥラングル氏を迎えて~

  2014年10月29日(水) 18:00開演(17:30開場)
  会場:ミレニアムホール  
入場料:1,000円(全自由席)
サクソフォーンは、ベルギー出身の楽器製作者アドルフ・サックス(1814-1884)が 1840年頃発明し、1846年にパリで特許を得ました。また、現在使われている金管楽器の進展にも大きな影響を与えています。今回のミュージアム・コン サートでは、音楽博物館所蔵のA.サックス自身が製作したオリジナル楽器5点の演奏をご披露いたします。サクソフォーンの変遷と魅力について、C.ドゥラ ングル氏に演奏を交えて語っていただきます。また、J.イベールの小室内協奏曲を本学のサクソフォーン・オーケストラでお聴きいただきます。
演奏: クロード・ドゥラングル(サクソフォーン演奏とレクチャー)
      (国立パリ高等音楽院教授/大阪音楽大学客員教授)

     大阪音楽大学サクソフォーン・カルテット
                 井上麻子(Sop/本学講師) 篠原康浩(Alt/本学講師)
        西本淳(Ten/本学講師) 飯守伸二(Bass/本学講師)
     木村寛仁(サクソルン/本学教授)
     辻村ゆず(ピアノ/本学演奏員)
     大阪音楽大学サクソフォーン・オーケストラ   
       飯守伸二(指揮)
お話: 赤松二郎(音楽博物館館長/本学教授)                                                     
チラシをクリックしていただくと
演奏曲目など詳細をご覧いただけます。→

dimanche 12 octobre 2014

Gabriel Bergounioux à Osaka

 Je recopie une information parue sur la liste de la SJDF:
ベルグニュ教授講演会【大阪】        
        ********************************************
講演者:Gabriel Bergounioux教授 (オルレアン大学,ロワール地域圏言語学研究所所長)
演 題:A propos de quelques changements syntaxiques en français contemporain
日 時:11月2日(日)午後2時〜午後5時
場 所:大阪府立大学サテライト I-site なんば (2階S5 会場)
http://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/map/index.html
使用言語:フランス語(通訳なし)
主催:大阪府立大学大学院人間社会学研究科
事前申し込み不要。来聴歓迎。入場無料。
ベルグニュ教授の来日は,大阪府立大学平成 26 年度外国人招へい教員事業によるものです。
 
講演要旨 Résumé
Après un rapide examen des modalités du changement syntaxique et des
conditions sociolinguistiques qui en favorisent l’émergence et la diffusion,
il sera présenté, sous forme d’étude monographique, un enregistrement extrait
du corpus ESLO2 (Enquête Sociolinguistique à Orléans2). Cet exemple permettra
d’illustrer quelques transformations actuelles du français parlé. Il semble
que l’examen des occurrences confirme deux tendances sous-jacentes aux é-
volutions en cours : (i) le développement de la tendance analytique (quand
une périphrase est substituée à un mot), (ii) l’interférence croissante de
l’acte d’énonciation dans la production du discours.
 
ベルグニュ教授の略歴
http://www.lll.cnrs.fr/gabriel-bergounioux
 
なおこの講演会の後,ベルグニュ教授を囲んだ懇親会を企画しております。
(講演会だけ参加の場合は事前申し込み不要ですが)懇親会はあらかじめ会場を予約しておかねばならず, 
前もってお申し込みをお願いします。以下の要領で行う予定です。
.........................................................................................................................................
場所:白木屋大国町駅前店(講演会会場のすぐ近く) http://r.gnavi.co.jp/ka30761/
時間:5時20分から7時20分まで
参加費:5000円程度(飲み物代込み)
.........................................................................................................................................
 
参加してくださる方は,10月24日(金)までに,このメールの投稿者の高垣由美個人宛に,その旨お知らせ
 くださいませ。(このメールにそのまま返信して,メーリングリスト全体に流さないように,ご注意ください。)折り返し確認のメールをお送りします。
講演会場とは場を変えて,くつろいだ雰囲気でさらなる意見交換をしていただくための企画です。
 ベルグニュ教授の専門は,(i) l’epistémologie de la linguistique, (ii) la phonologie, (iii) la sociolinguistique
des corpus oraux (iv) les representations mentales du langageと多岐にわたり,講演以外の話題でも自由にご歓談いただきたいと思います。
まったく初めての方や学生さんもどうか遠慮無くお申し込みください。7時20分と早めに終了しますので,
 遠方から来られる方もぜひ参加をご検討ください。

samedi 11 octobre 2014

Festival Philippe Garrel à Kyoto (Invité spécial si le typhon veut bien: Jean Pierre Léaud)





Je recopie l’information suivante depuis le site internet du Kyoto Cinema :


フィリップ・ガレル特集 in 関西

多くの映画ファン、映画人たちが「自分たちの生きている時代で最も重要な映画作家の一人」として敬愛してやまないフィリップ・ガレル。彼は、男たち、女た ち、子供たちを日記の中に書かれるような親密さとともに描きながら、そこに過去、現代、いくつもの時代が重なり合う普遍的な物語を浮かび上がらせてきまし た。最新作『ジェラシー』公開記念して、未公開作品も含め、彼の作品を時代、愛した人々を軸にその世界をご紹介します。期間中ゲストトークを予定しており ます



Philippe Garrel, de temps en temps – à l’occasion de la sortie de la Jalousie

Mardi 14 octobre à l’université Doshisha Kambaikan Hardy Hall
à partir de 19h00  (ouverture des portes à 18h40)
 La Naissance de l’amour 94 min Invité spécial : Jean Pierre Léaud

Tarif : 1300 yens, étudiants 800 yens, membres Hardience / Kyoto Cinema / Club France 800 yens
mise en ventes des billets à partir de 17h
http://www.doshisha.ac.jp/

Du samedi 18 au vendredi 24 octobre au Kyoto Cinema
à partir de 19h10
Samedi 18 octobre : 
Les Amants régulières 182 min
Dimanche 19 octobre : 
Liberté, la nuit 82 min
Lundi 20 octobre : 
Un été brûlant 95 min
Mardi 21 octobre : 
L’Enfant secret 92 min
Mercredi 22 octobre : 
La Naissance de l’amour 94 min
Jeudi 23 octobre :
 La Frontière de l’aube108 min
Vendredi 24 octobre : 
Les Hautes solitudes 80 min Projection suivie d’une conférence de M.Jun Hirose (critique de cinéma)
Tarif : 1300 yens,  plus de 60 ans 1100 yens, étudiants 800 yens, membres Kyoto Cinema / Club France 800 yens
www.kyotocinema.jp

 フィリップ・ガレル、重なり合うときの中で 最新作『ジェラシー』公開記念特集 in 関西

1014 会場同志社大学寒梅館 ハーディーホール
19:00
18:40開場 『愛の誕生』 La Naissance de l’amour 94分 上映前、ジャンピエール・レオーの舞台挨拶を予定
※台風19号の接近にともなう開催について
1014日(火)当日14:30の時点で京都府南部・大阪府(同志社大学の休講基準に則る)に暴風警報あるいは特別警戒警報が発令されている場合、会場となる同志社大学が休講となるため開催は中止となります。
また開催が決定した場合も、当日の交通事情等により、ゲスト等に変更が生じる場合がございます。http://www.d-live.info/program/movie/index.php?c=program_view&pk=1410495367

★入場料金:一般1300円、学生800円、Hardience会員/京都シネマ会員/クラブ・フランス会員800
※同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料
★当日17:00よりチケット販売及び整理券を配布します。
※全席自由席
※整理券受付をお待ちの列が長くなった場合、上記時間より早めに受付する可能性がございます。
※開場時に、整理券の番号順(10番単位)にお呼び出しいたします。
※開場時間までに会場にお戻りください。開場時間に遅れますと整理番号は無効になり、お席が選びにくくなる場合がございます。
同志社大学今出川校地学生支援課
京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103
Tel:075-251-3270
http://www.doshisha.ac.jp/
アクセス:地下鉄今出川駅下車、2番出口より北へ60m程。駐車場・駐輪場はございません。公共交通機関をご利用ください

1018日(土)~1024日(金) 会場:京都シネマ
連日19:10
1018日(土) 『恋人たちの失われた革命』 Les Amants régulières 182
1019日(日) 『自由、夜』 Liberté, la nuit 82
1020日(月) 『灼熱の肌』 Un été brûlant 95
1021日(火) 『秘密の子供』 L’Enfant secret 92
1022日(水) 『愛の誕生』 La Naissance de l’amour 94
1023日(木) 『愛の残像』 La Frontière de l’aube 108
1024日(金) 『孤高』 Les Hautes solitudes 80 上映後、廣瀬純氏(映画批評家)によるトークあり
※「月刊京都シネマ」10月号掲載の内容に一部変更がありました。予めご了承ください。
★入場料金:一般1300円、シニア1100円、学生800円、京都シネマ会員/クラブ・フランス会員800
★チケット販売開始時間:当日、開館時より販売
※開場時間は劇場までお問い合わせください
※当日券のみ、前売券の販売はございません
※本編開始後のご入場はおことわりいたします
※整理番号順でのご入場・全席自由席
※場内でのお食事はご遠慮ください
京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下る西側COCON烏丸3F
Tel. 075-353-4723  www.kyotocinema.jp